調布・狛江の行政書士ー李国彦ブログー

調布・狛江・府中・三鷹・世田谷を中心に
遺言相続・任意後見や医療障害福祉の許認可・指定申請を取り扱う行政書士事務所です

地域で活き活きと生きるに携わる  

活き活きと生きられる地域を創る

訪問診療とは

訪問診療とは、患者様が病院に通うのではなく、医師が患者様の自宅に訪問をして診療を行うことです。 同じ診療スタイルとして往診がありますが、訪問診療とは明確に区別されています。 簡単に言うとその違いは計画性があるかないかです […]

ACP=人生会議について

ACPという言葉が少しずつ普及してきています。大学病院等でも厚生労働省のリーフレットが置いてあったりして、みなさん関心があるのか、すぐになくなってしまう程なのだそうですよ。 ACPとは”Advance Care Plan […]

行政書士って何者ですか

行政書士事務所を開業予定ですなんて挨拶すると「おめでとう!でも何ができるの?」という問いがよく返ってきます。確かに、弁護士は紛争を裁判等で解決する人。税理士は確定申告など税務申告の書類作成や申請を代行する人。司法書士は不 […]

在宅系サービスにおける訪問診療の特性

「ケアマネジャーさんは普通何も言わずにフェードアウトしていくよ」 これはある日親しくなったケアマネジャーさんから言っていただいた言葉です。この言葉が何を意味しているのか。それを理解するために、まずは訪問診療が地域の方々に […]

訪問診療運営のキーパーソンは相談員

「あそこのクリニックは先生と全然話ができない」 「医師と直接話すのは正直緊張する」 「本当はもっとこうして欲しかった」 「先生はいい人だけれどクリニックとの連携が取りづらい」 「誰と話せば相談に乗ってくれるのかわからない […]